コレステロールと寿命の関係は

コレステロールと長生きの関係

コレステロールと長生きの関係

コレステロールと長生きの関係

コレステロール,寿命,長生き

コレステロールは少なければ少ないほど良いというのが以前の医学界では定説でした。

 

しかし、コレステロール値が高い場合、長生きする方が多い事が知られてきました。

 

これは高齢者に限定した条件のようですが、60歳以上の方の総コレステロール値と死亡率との関係を調べたら、コレステロール値220〜239のケースが最も死亡率が低くなる結果が得られ、更に、コレステロールとガンの関連性をみても、コレステロール値160未満が最多で、最少なのは240以上のグループだったというデータがあります。

 

このことから、コレステロールは多少高いくらいでは不安に感じることはないといえます。

 

コレステロールは動物にとっては細胞膜やホルモンなどの原料となる生命活動に欠かせない物質ですので、少ないというのは死亡率に影響を与える要因なのかもしれません。

 

だからといって、高くても良いという訳ではありません。

 

コレステロールが高いと、生活習慣病などの発症を誘発してしまいますし、コレステロールでも悪玉コレステロール(LDL)ばかりが増えては大きな問題となるでしょう。

 

コレステロールと長生きの関係ははっきりと明らかになっていない部分も多いですが、やはり適正な数値を保持する事が健康を保つポイントと言えるでしょう。