善玉コレステロールとは

善玉コレステロールとは

善玉コレステロールとは

善玉コレステロールとは

コレステロール,善玉コレステロール

コレステロールにはいくつかのタイプがあり、大きく分けると2つのタイプに分かれます。

 

その2つとは、善玉コレステロール(HDL)と悪玉コレステロール(LDL)で、ここでは善玉コレステロールについて述べてみましょう。

 

善玉コレステロールという名称は昔から使われているのですが、今ではHDLの名に取って代わられています。

 

これは、コレステロールの研究が今ほど進歩していなかった時に、プラスの作用を与える物を善玉、体に悪い影響を与える物を悪玉と区別されたことにあります。

 

しかし、コレステロールに良いも悪いもなく、バランスこそが大切である事が分かってからは、正しい理解を深める為、今では善玉コレステロールと呼ばれた物はHDL、悪玉コレステロールはLDLと呼ばれることが多くなってきました。

 

では、善玉コレステロールの働きを説明すると、体内の過剰なコレステロールを回収して肝臓に運ぶ役目があります。

 

そしてコレステロールが肝臓に届くと、胆汁酸の原料となって再使用されます。

 

更に血管内にこびりついたコレステロールを取り除く役割も持っていてます。

 

これらは動脈硬化の予防にもなるので、善玉コレステロールを増やす事は、動脈硬化に掛かりにくく、生活習慣病から遠ざけてくれる効果があります。