コレステロールを下げるには野菜を摂取

コレステロールと野菜について

コレステロールと野菜について

コレステロールと野菜について

コレステロール,野菜,植物繊維

コレステロールを下げるには色々な方法がありますが、最も簡単に行えるのが食生活の改善で野菜を食べる事です。

 

野菜が良いとされる理由は、食物繊維が豊富に含まれているからです。

 

コレステロールは肝臓と腸で吸収されますが、食物繊維を摂取すると、腸におけるコレステロール吸収を抑える働きがある事が解っています。

 

更に食物繊維をたっぷり摂る事で胆汁酸も吸着し、コレステロールが消費されて体内に溜まるのを防ぎ、排泄も促してくれます。

 

コレステロールを下げる野菜には、多価不飽和脂肪酸も含まれています。

 

多価不飽和脂肪酸は肝臓のコレステロール分解を促進してくれるので、野菜を食べると作用が強まります。

 

しかし、この多価不飽和脂肪酸は酸化しやすいのが弱点です。

 

酸化を予防してコレステロールを下げる作用を効果的にするにはベータカロテンやビタミンC、ビタミンDを一緒に摂る事が必要とされます。

 

多価不飽和脂肪酸は別名オレイン酸と呼ばれ、オリーブ油などに豊富で、ベータカロテンなどは緑黄色野菜に多く含まれます。

 

コレステロールを下げる食事として、にんじんやかぼちゃのオリーブ油炒めなどはどうでしょうか。

 

コレステロールを管理して健康に過ごす為にも、色の濃い野菜をたっぷりと食べる事がお薦めです。