コレステロールを下げるには運動

コレステロールと運動の関係

コレステロールと運動の関係

コレステロールと運動の関係

コレステロール,下げる,運動

コレステロールを効率的に減らすには、適度な運動は大切な事です。

 

適度な運動と正しい食事が、コレステロール減少に作用し、生活習慣病やメタボリック・シンドロームを予防します。

 

では、コレステロールの為にはどのような運動をどの程度行うのが良いか?、ダイエットと同様に、ウォーキングや水泳などの有酸素運動を出来れば毎日、それが難しいのなら、週3回以上行える事を目標にすると良いとされています。

 

ダイエットに有酸素運動が最適なのは良く知られています。コレステロール値を下げるのにも有酸素運動が向いている理由は、体を動かすことで脂質の代謝が良くなり、中性脂肪が下がる事です。

 

運動すると人の体内では最初に筋肉にあるグリコーゲンが、ついで中性脂肪が分解されて使われます。

 

そうすると、中性脂肪が減った事で悪玉コレステロール(LDL)も減り、加えて善玉コレステロール(HDL)が増えていきます。

 

運動する時間については1日おおよそ30分で十分効果がある言われ、しかし食事前の空腹時や食後、朝起きてすぐなどは避けましょう。

 

時間が無い人は、エレベーターではなく階段を使ったり、通勤の際に一駅分歩くだけでも、コレステロールを下げる効果が期待できます。

 

コレステロール対策として、毎日コツコツと運動するように心掛けてみませんか。