コレステロールと食事について

コレステロールと食事

コレステロールと食事

コレステロールと食事

コレステロール,食事

コレステロールを正常にするには、コレステロールが少ない方なら含まれる食品を食べ、コレステロールが多いのならば、食品や調理法に注意して下さい。

 

コレステロールは、一日当たり1〜2g必要とされ、その内の70%は体内で合成されます。

 

よって、食事としてコレステロールを補給するには300mg前後が一日の適正摂取量と厚生労働省によると設定されています。

 

健康な方なら、コレステロール値は一定に保たれるので、カロリーの高い物を食べ過ぎないように気を付けていれば特に問題はありません。

 

しかし、コレステロール値が高かったり、疲労や加齢などの状態だと数値が上昇してしまうようで、コレステロールを下げるような食事に切り替えていくことが大切です。

 

健康の為には栄養バランスの良い食事は欠かせません。

 

コレステロールをコントロールするのにも、栄養バランスが取れて油脂が少なく、ビタミン・ミネラル豊富な食事を腹八分目になるように心がけて下さい。

 

食物繊維はコレステロール値を下げる事が知られていますから、野菜や海草も積極的に食べましょう。

 

加えて、料理油にはオリーブオイルなどの植物性を使って、善玉コレステロールを増やすのも食事面でのコツです。

 

コレステロールが基準値に保てるよう、食事に工夫するのは大切なことなのです。


コレステロールと外食

 

コレステロールに限らず、ダイエットなどでも外食する際にはカロリーオーバーしないようにする事と工夫をしながら食べるのが肝心です。

 

一般的に、外食は油や調味料を大量に使っている為、野菜が不足しがちです。

 

焼肉や鍋料理などは、コレステロールがたっぷり含まれる肉や魚介類の比重が高く、しかも、多人数で食べる事からついつい食べ過ぎてしまうこともあるでしょう。

 

コレステロールを気にしているなら、外食には和食を中心に食べるのがお薦めです。

 

和食は低カロリーの魚や豆腐が良く使われますし、お浸しや煮物などで野菜も摂る事が出来るからです。

 

てんぷらやカツ丼のように揚げ物を避ければカロリーも抑えられて、食物繊維が豊富なメニューを選べば、コレステロールを下げることも可能です。

 

和食といえば、お寿司が好きな方も沢山いますが、コレステロールを下げる作用を持つDHAはイカや貝、青魚には豊富なので、食べても心配が少なくてすみます。

 

それから、食後ののデザートも注意しましょう。

 

果物や砂糖が含まれるお菓子は中性脂肪を増やしてしまいますので、食べすぎには気をつけて下さい。

 

外食では、コレステロールを増やさないように、低カロリーで野菜豊富なメニューを選び、体への負担が少ない物を選ぶようにしましょう。