コレステロールを含む食品について

コレステロールを含む食品は?

コレステロールを含む食品は?

コレステロールを含む食品は?

コレステロール,食品,卵,卵黄

コレステロールは健康を保つ上で必要な成分です。

 

最適な状態を作り出すには、コレステロールが含まれる食品を避けるか、あるいは食べて補給しなければなりません。

 

コレステロールは動物の細胞膜に欠かせない成分ですから、動物性食品にコレステロールを含んだ物は数多くあります。

 

コレステロールを含む割合が多いのが卵の卵黄で、100g中で1400rもあり、食品では飛び抜けてコレステロール値が高い食品です。ちなみに全卵では420rであり、逆に卵白のみでは1rです。

 

他に例を挙げると、肉類ではフォアグラが特に高く、コレステロール値はレバーや内臓の肉などが精肉よりも高いようです。

 

魚介類ではするめの980r/100gが一番高くなっており、桜海老、すじこ、キャビア、イカやエビなども高いようです。

 

コレステロールは乳製品にも含まれ、バターの220r/100gが最もコレステロールが多くあります。

 

生クリーム、チーズ類、ヨーグルト、乳酸菌飲料にも含まれます。

 

また、コレステロールは数は少ないのですが野菜にも存在し、長ねぎ、玉ねぎやなすなどに含まれています。

 

コレステロール値を正常に保てるように、摂り過ぎや不足がないよう数値を確認して食品を選ぶ事が大切です。