コレステロールとストレスの関係

コレステロールとストレス

コレステロールとストレス

コレステロールとストレス

コレステロール,ストレス

コレステロールとストレスは無関係ではないようです。

 

ストレスは健康に大きな影響力がある事は知られていますが、コレステロールも同様で、深い関連がある事が解明されています。

 

コレステロールが上昇する仕組みは。ストレスが掛かると、副腎皮質ホルモンの分泌が活発化します。

 

そして副腎皮質ホルモンは、血中の遊離脂肪酸の量を増加させる働きがあり、コレステロール合成を促進させます。

 

そして、ストレスで大きな問題となるのが、ストレスを解消しようとして食事量を増やす事や間食したり、お酒の量が増えたりする方が多い事です。

 

喫煙が止められなくなる場合もあるでしょう。これらは全てコレステロール値をあげてしまう結果となります。

 

また、ストレスは自律神経にダメージを与え、自律神経失調症を招き、脂質代謝異状による高LDLコレステロール血症を発症させます。

 

コレステロールだけではなく、ストレスは中性脂肪を増やすので、高脂血症の起因ともなります。

 

よって、コレステロールを上げずに安定させる為に、ストレスを乗り越えることが重要になってくるのです。

 

運動や、音楽や旅行などの趣味があればストレス解消にも役立つでしょう。

 

コレステロールをコントロールする上でも、ストレスとの上手な付き方は大切です。