コレステロールと心筋梗塞について

コレステロールと心筋梗塞について

コレステロールと心筋梗塞について

コレステロールと心筋梗塞について

コレステロール,心筋梗塞

コレステロールが影響を及ぼす病気には心筋梗塞があります。

 

コレステロールが血液内に過剰にあると血行が悪くなり、動脈硬化を起こして心臓へ大きな負担やダメージを与え、そして、動脈硬化は心臓の周りの血管を脆くさせ、血流を妨げてしまいます。

 

心筋梗塞は、血流が止まる事で心筋細胞を壊死させたり、発作を起こして心停止する事もあるなど、最悪のケースでは死に至る重病なのです。

 

コレステロール値が高いほど心筋梗塞や狭心症が起こりやすい事が解明されており、コレステロールが高めの方は特に注意しなければなりません。

 

コレステロールでも、悪玉コレステロール(LDL)が高い、善玉コレステロール(HDL)が低い、あるいは中性脂肪が高いケースだと、心筋梗塞などのリスクが非常に高いとされます。

 

心筋梗塞の発作を予知するのは難しく、突然起きてそのまま死亡するといった急激な症状も考えられるので、普段の生活からリスクを少なくするよう勤めなければなりません。

 

コレステロールが減らせるように運動を取り入れたり、脂っこい食事や甘い物を避け、たとえ軽い運動でも息切れするように感じたら、早めに医師の診察を受けるようにします。

 

コレステロール値の変動にも注意して、心筋梗塞が起こらないように対策をしておくのが重要でしょう