コレステロールと生活習慣病について

コレステロールと生活習慣病

コレステロールと生活習慣病

コレステロールと生活習慣病

コレステロール,生活習慣病

コレステロールと深い関連があるものが生活習慣病です。

 

生活習慣病は、食事や運動、タバコ、飲酒などの生活上の習慣によって引き起こされる病気を総称したものです。

 

生活習慣病の一例を挙げると、糖尿病、高血圧、心臓病などがあり、以前は成人病と呼ばれていました。

 

コレステロールのバランスが悪くなると、生活習慣病を発症させるリスクが高まると言われます。コレステロール・バランスを崩すと、血中のコレステロールが増え、血管の内壁に蓄積し始めます。

 

溜まり続けると血管内壁が厚く盛り上がって動脈を細くしてしま為、血行が悪くなり、体の全体に問題が起こりはじめます。

 

細くなった血管は悪化すると血の流れが停留して血の塊・血栓を発生させ、狭心症や心筋梗塞、脳卒中への危険度が高まります。

 

コレステロールが高い方は、生活習慣病にならない為に特に注意しなければなりません。

 

また、血行が悪くなることで手足が痺れる感覚や冷えを感じることもあるようですから、毎日を健康に快適に過ごすには、コレステロールをコントロールしておくのが肝心だと思います。

 

生活習慣病は、小さな行動が日々積み重ねられていくことによりで重篤な疾病を招いてしまいます。

 

コレステロール値の乱れを改善し、はつらつとした生活を送る事を目標にしてみませんか