脳梗塞との関係について

コレステロールと脳梗塞について

コレステロールと脳梗塞について

コレステロールと脳梗塞について

コレステロール,脳梗塞

コレステロールが増えると、体にはさまざまなトラブルが発生してきます。

 

コレステロール自体は体に必要な物で、総コレステロール値が高いのが病気の原因ではなくバランスがもっとも大切です。

 

バランスを崩すと、生活習慣病やメタボリック・シンドロームへと移行することが分かっており、脳梗塞もそのひとつです。

 

脳梗塞にはタイプによって脳血栓と脳塞栓があって、主な発生原因は高血圧や動脈硬化だと言われ、コレステロールとのつながりも深い関係があります。

 

コレステロール値が上がる事で血管内部に余分なコレステロールが溜まり、動脈硬化を起こして血管を狭めてしまうため、更に、その部分に血の塊が詰まると血栓を起こします。

 

コレステロール値が高いと粘度の高いドロドロ血液になって固まりやすく、血栓になります。

 

血栓を起こすと血液の流れが阻害されて脳血栓を発症させることになります。

 

もうひとつの脳塞栓は、脳以外の部位で出来た(心臓で出来るケースが多いとされます)血栓が血流に乗って脳に運ばれ、脳動脈を塞ぐ事で発症します。

 

脳梗塞が起こると、半身不随や意識障害、運動障害などの重大な後遺症が残ります。

 

コレステロールが高い場合は、脳梗塞のリスクについてもしっかり考えて、生活改善出来るよう勤めましょう。