高コレステロール血症とは

高コレステロール血症とは

高コレステロール血症とは

高コレステロール血症とは

コレステロール,高コレステロール血症

コレステロールが気になるのであれば、高コレステロール血症を気にされている方も多いのではないでしょうか。

 

高コレステロール血症とは、血液中に存在するコレステロールの総量が上がると高コレステロール血症と診断され、あまりに過剰な為に動脈硬化を引き起こします。

 

あるいは、悪玉コレステロール(LDL)値が高い場合も起こる場合あります。

 

高コレステロール血症は、心臓や脳、腎臓などの体にとって重要な臓器に大きなダメージを与えてしまう病気です。

 

高コレステロール血症は高脂血症のひとつであり、コレステロール、中性脂肪、リン脂質、遊離脂肪酸の内、コレステロールが高い状態を指します。

 

コレステロールは動物食品に多く含まれますが、野菜が少なくて肉は大量に食べるといった偏った食生活をしていると、コレステロール値が上昇し、代謝不全を起こしてこの病気に罹ってしまう恐れがあります。

 

ご存知のように、生活習慣病は動脈硬化によっておこりますから、コレステロールの基準値にしなければ、近い将来、生活習慣病による心臓や脳のトラブルが起きる危険は高く、注意していなければなりません。

 

予防するには、栄養とバランスが良くてコレステロールが少ない食品を選んで食べ、適度な運動や禁煙、節度ある飲酒など、生活態度に気おつけましょう。