高血圧との関係

コレステロールと高血圧について

コレステロールと高血圧について

コレステロールと高血圧について

コレステロール,高血圧

コレステロールが高い方は血圧にも注意が必要です。

 

コレステロールが高いと高脂血症になりやすく、しいては生活習慣病にもおちいりやすいことは知られています。

 

生活習慣病には高血圧も含まれるのですが、研究が進み、コレステロールが高い事は血圧上昇を招く要因となっている事がわかってきています。

 

元々、コレステロールが高くなると血管内に溜まり、血管内部が細くなって血圧が高くなるという事はあります。

 

しかし研究によると、高コレステロールの状態では血圧調整する機能が働き、血圧が上がりやすくなるという生理的理由があるというのです。

 

詳しく説明すると、高コレステロール値だと腎臓から分泌されるレニンという酵素が活性化して、レニンの作用で血圧上昇に働くホルモンのアンジオテンシンUの分泌が強まり、高血圧へと進めていく事が分かりました。

 

データによると、コレステロール、血圧が両方とも高い場合は、高血圧を発症させるリスクが普通よりも約3倍になる事がも分かってきています。

 

高コレステロール値と高血圧は、共に動脈硬化を促進させる要因です。

 

健康な生活を送る為にも、コレステロール値が高めの方は血圧にも十分気を配り、高血圧、更には生活習慣病予防を心掛けるようにしておくのがBESTだと思います