コレステロールと喫煙とアルコールについて

コレステロールと喫煙・アルコールについて

コレステロールと喫煙・アルコールについて

コレステロールと喫煙・アルコールについて

コレステロール,タバコ,禁煙,喫煙,アルコール

コレステロールと嗜好品についてです。

 

健康の為には、タバコは禁煙し、アルコールも適量を守る事が大切と言われます。

 

まず、タバコについては言うまでもなく体に与える悪影響は大であり、しかも、ニコチン中毒になると止めるのも一苦労で、肺がんを始め色々な病気を発症させます。

 

コレステロールも、タバコを吸う事でL悪玉コレステロール(LDL)が増え、中性脂肪も増加させます。

 

加えて、善玉コレステロール(HDL)を減少させる作用を持つのも大きなデメリットでしょう。

 

では、コレステロールとアルコールの関係ですが、適量なら血液中の善玉コレステロールを上昇させるとされ、リラックス作用も得られます。

 

ですが、アルコールを飲むと肝臓で中性脂肪が作られる働きが強くなると言われます。

 

そして中性脂肪が増える事は、コレステロールを増やす事でもありますので、コレステロールを気にしているならアルコールの量には注意が必要です。

 

また、アルコールを分解する役目を持つ肝臓に更なる負担を掛けるのを避ける為に、週に何日か休肝日を決めて適度な飲酒になるように心がけします。

 

コレステロールに与える影響力を考えて、健康の為にもタバコは一刻も早く止める事が大切で、アルコールも「百薬の長」であるように飲みすぎにはくれぐれも注意が必要です。