コレステロール検査について

コレステロールの検査

コレステロールの検査

コレステロールの検査

コレステロール,検査

コレステロールの数値は血液検査で調べます。

 

皆さん一度は職場の定期健診や人間ドックで血液検査をされたことがあると思います。

 

血液は絶えず入れ替わりを繰り返しており、医学的には約4ヶ月で新しくなりますので、こまめな検査を受けると病気予防や健康維持に役立ちます。

 

コレステロールが高いことで発症する高脂血症かどうかを調べるには、更に詳しい検査を受けるのが確実です。

 

高脂血症検査では12時間以上食事をせずに採血して、血中に含まれる脂質の量や割合を検出します。

 

これによって、コレステロールがどの程度体内にあるのか、善玉・悪玉、中性脂肪の割合も分かり、対処法の判断も付けやすくなります。

 

コレステロールは変化しても自覚症状が殆ど無いため、生活習慣病などを防ぐには早期発見がとても重要になってきます。

 

コレステロール値の変動から、生活習慣の改善を心掛けるようにします。

 

今はメタボ検診も行われるようになり、健康への意識が更に高まっている時代です。

 

コレステロールは以前なら中年以後の方が気にすることが多いものでしたが、今では成人前であっても生活習慣病で悩む患者が増えている事からも、定期的な検診は健康管理の上で重要です。

 

年に1回は是非検査を受けておくようにしたほうが良いでしょう。