コレステロールと遺伝の関係

コレステロールと遺伝について

コレステロールと遺伝について

コレステロールと遺伝について

コレステロール,遺伝

コレステロールが体質的に多い方がいます。

 

その場合、コレステロール値が遺伝が大きいとか、気になる方も多いのではないでしょうか。

 

アレルギーやがんなどは遺伝による体質が発症に大きく作用されるのと同じ様に、コレステロールに関する体質も遺伝すると言われます。

 

しかし、遺伝するといっても、コレステロールが増加する原因は、タンパク質の多すぎる食生活や、運動の習慣がないこと、アルコールやタバコなどの健康にダメージを与える生活習慣であり、体質的に増えやすいとされるケースは、全体のおよそ15%とされます。

 

両親ともに高脂血症を発症しているならば注意が必要で、年が若く、対策をしていてもコレステロール値が改善しない場合は、遺伝による体質である事が多いようです。

 

高コレステロール血症や高中性脂肪血症に掛かりやすい体質であることを理解し、生活習慣病に掛からないように定期的に検診を受けることが大切です、コレステロールに配慮した生活を送れるようにしておくのが懸命です。

 

ただ、コレステロールは遺伝とは関係があるといっても、生活習慣病は誰でも掛かる可能性のある疾病です。

 

普段から正しい生活習慣で健康な毎日が送れるようにしておくことが最も大切なことだと言えるでしょう。