コレステロールの働きについて

コレステロールの働きについて

コレステロールの働きについて

コレステロールの働きについて

コレステロール,働き

コレステロールには多くの働きがあることが証明されています。

 

コレステロールは主に肝臓で作られ、人間の細胞膜の成分であり、動物の体を維持するには重要不可欠です。

 

細胞膜の柔軟性を保って安定させる役目を持っていて、その為か、コレステロール値が下がりすぎると血管が破裂しやすくなると言われています。

 

我々の体のあらゆる組織にあり、肝臓・脊髄・脳といった臓器に大量に含まれます。

 

また、コレステロールは胆汁の生成にも深い関連があって、脂肪の消化を助ける作用を持つ胆汁の前物質である胆汁酸は、コレステロールが原料となっています。

 

それから、コレステロールが元となって作られるものにはホルモンもあります。

 

副腎皮質ホルモンのコルチゾール、性ホルモンのプロゲステロンやエストロゲンが作られる際に必要な成分とされます。

 

他には、コレステロールはビタミンA、D、Eなどに代表される脂溶性ビタミンの代謝にも作用しており、体が正常な機能を維持する為に必要とされています。

 

コレステロールのこの働きが分かる前は、とかく健康被害の面ばかりがクローズ・アップされていましたが、詳しい働きが解明されてからは、健康診断などでもコレステロールの基準値を守るよう指導されるようになりました。