コレステロールの動脈硬化について

コレステロールと動脈硬化について

コレステロールと動脈硬化について

コレステロールと動脈硬化について

コレステロール,動脈硬化

コレステロールと動脈硬化の間には深い関係あるようです。

 

コレステロールは脂質なので、動脈硬化の原因のひとつと思っている方は多いでしょう。

 

しかし全てのコレステロールが悪いのではなく、悪玉コレステロールと呼ばれるLDLが多く、善玉コレステロールであるHDLが少ない状態だと、本来のHDLの働きであるコレステロールの回収が間に合わず、LDLがどんどん血管内に蓄積されてしまう事に問題があるのです。

 

このことから、HDLが少ない方は、動脈硬化を起こしやすいといえます。

 

総コレステロール値よりも、HDLの数値が重視されるのはここに理由があり、コレステロール対策もLDLが多い方は下げるようにしていきながら、HDLを増やせるような対策を講じることはとても重要な事です。

 

動脈硬化は、血管が硬くて脆い状態になり、内部が細くなって血行も妨げられ、最後にには閉塞などを起こすことがあります。

 

その場所が心臓ならば心筋梗塞、脳なら脳梗塞といった命にかかわる疾病を発症させる為、コレステロールをしっかりコントロールしておくことが大切です。

 

また、最近注目を浴びているメタボリック・シンドロームや生活習慣病などの為にも、自分のコレステロール値を知っておくことは健康管理の基本となるでしょう。