コレステロールと大豆について

コレステロールと大豆

コレステロールと大豆

コレステロールと大豆

コレステロール,大豆

大豆は健康食として昔から人気の高い食品です。

 

そしてコレステロールを下げる効果についても大きな期待が寄せられています。

 

コレステロールを下げる効果があると言われるのは、コレステロールを減らし、動脈硬化予防の働きが持つ不飽和脂肪酸が豊富である為です。

 

不飽和脂肪酸は肝臓でのコレステロール分解促進に関連が深い成分であり、コレステロール値を減少させるのに重要な働きを持っています。

 

大豆にはこの不飽和脂肪酸がとても豊富で、しかも畑の肉と言われるように低カロリーな植物タンパク質で体に優しい食品です。

 

善玉コレステロール(HDL) を増やすレシチンや、血圧を上がりにくくするカリウムもあって、生活習慣病やダイエット対策にも最適です。

 

更に、コレステロールが気になる女性にとってうれしい事に、大豆にはイソフラボンがあることで女性ホルモンの不足を補い、コレステロール対策をしながら骨粗しょう症や乳がん、更には美容効果も得られ、善玉コレステロールも増やしてくれます。

 

加えて、大豆にはサポニンも含まれています。サポニンは、コレステロール代謝を促す作用があり、コレステロール値を下げる効果があります。

 

これらの働きからも、大豆のコレステロール値を下げる効果は高く、日常的に食べのは大変おすすめです。