コレステロールを下げる青魚の効果

コレステロールを下げる青魚

コレステロールを下げる青魚

コレステロールを下げる効果青魚

コレステロール,青魚

コレステロールを下げる効果を持つとして注目を浴びているのが青魚(あおざかな)です。

 

青魚にはDHA(ドコサヘキサエン酸)や、EPA(エイコサペンタエン酸)と呼ばれる不飽和脂肪酸が豊富にあり、コレステロールでも特に悪玉コレステロール(LDL)を減らしてくれると言われています。

 

青魚に含まれる不飽和脂肪酸は、コレステロール値を下げて動脈硬化も予防し、生活習慣病にも効果的とされています。

 

血液をサラサラにする働きがあって、血栓が出来にくくなりなるようです。

 

また、中性脂肪をも下げる働きがある事から、健康食品として青魚を積極的に食べる方もいます。

 

コレステロールを下げる効果を狙うなら、青魚の中でもサバ、サンマ、イワシがお薦めです。

 

コレステロール減少の為には、週3回ほど食べるとよいでしょう、しかも、新鮮であるほど高い効果が期待できるようです。購入する際には獲れたての新鮮な魚をを選びましょう。

 

毎日の買い物が大変なら、サバ缶など収獲したてをすぐに調理し、栄養ロスが少ない状態で食べられる青魚の缶詰がぴったりです。

 

干物は空気に晒されて不飽和脂肪酸が酸化している場合が多く、塩分も高めですから避けたほうがよいでしょう。

 

コレステロールを管理するためにも是非青魚を食べ、健康管理に役立ててみませんか。