悪玉コレステロールとは

悪玉コレステロールとは

悪玉コレステロールとは

悪玉コレステロールとは

コレステロール,悪玉コレステロール

コレステロールには悪玉コレステロール(LDL)と呼ばれるものがあります。

 

しかし、この呼び方をせずに、今ではLDLと呼ばれることが多くなってきました。

 

悪玉コレステロールは血液中を巡って、コレステロールを必要とする組織に運ぶ役割があります。

 

ここでポイントとなるのが悪玉善玉コレステロールの働きです。

 

コレステロール補給に大切な役目を持った悪玉コレステロールは、コレステロールを善玉コレステロール(HDL)のように回収する働きはなく、体内に過剰に増えると血管に溜まったり、酸化した状態になることで、結果、生活習慣病にとって注意すべき疾病の動脈硬化を引き起こしてしまいます。

 

悪玉コレステロールと呼ばれていたのも、こういった事から体へ悪影響を及ぼす為に付けられた経緯があるのです。

 

生活習慣病にとって、悪玉コレステロールのコントロールはとても重要だとされていることからも、総コレステロールの内、悪玉コレステロールが多いのなら数値を減らす為の治療が行われます。

 

しかし、本来コレステロールは体に不可欠であるので、悪玉コレステロールも適正な数値になるように食生活や適度な運動、生活習慣をもう一度見直して将来の糖尿病や心疾患などを予防できるように改善することが大切だと思います。