コレステロールについての情報

コレステロールとは

コレステロールとは

コレステロールとは

コレステロール,中性脂肪

コレステロールとは脂質の一種・遊離脂肪酸で、生物の体を健康に保つ上でとても重要な働きを持った成分です。そして、LDLとHDLのグループに分けられます。

 

そもそも脂質の1つであるコレステロールは、そのままでは血液に溶けないため、「リポタンパク」という球状の粒子に包まれて、血液中を移動しています。

 

リポタンパクを“コレステロールという荷物を運搬するトラック”と考えるといいでしょう。HDLとLDLは、この荷物を積んだトラック(=リポタンパク)の種類をさすわけです。

 

HDLに積まれたコレステロールは「HDLコレステロール」、LDLに積まれたコレステロールは「LDLコレステロール」と呼ばれているのです。

 

また、栄養学の発展に伴い、コレステロールは体に悪いものではなく、今ではは生理的観点から体に必要不可欠であることが分かってきています。

 

体に悪い成分の代名詞的な存在であったのも過去のイメージになってきたようです。

 

コレステロールは細胞膜を安定させ、多くのホルモンの原料にもなる物質で、脂質性ビタミンのビタミンD生成にも関連しているよです。

 

それから先述した通りに、コレステロールが血管に張り付いたり、酸化するなどは動脈硬化の原因となりますが、コレステロールは体を正しく機能させる大切な物なのです。

 

ただし、健康のためには、コレステロールの基準値に近い状態であることに気をつけて、食事なら野菜中心そして適度な運動を行ってコントロールして行くことがいいでしょう。


コレステロールの基準値

コレステロールを正しく理解するには、標準値を知らないといけませんね。

 

自分の数値と比較して、コレステロールや中性脂肪のバランスが良いかどうか調べる事から生活習慣病や病気予防がはじまります。

 

コレステロールの標準値は、総コレステロールは220未満、善玉コレステロール(HDL)40以上、悪玉コレステロール(LDL)140未満、中性脂肪150未満です。

 

この数値から大きく外れるようならば、何らかの対策が必要になってくるでしょう。

 

特に、コレステロールが多い方は血液内の脂肪値がが高い状態ですので、高脂血症から動脈硬化、更にはメタボリック・シンドロームを発症させるリスクが上昇し、注意が必要です。

 

しかし、統計的には長生きする人には、コレステロール値が高い場合が多いと言われるので、数値が高いからといっても必ずしも悲観することはないようです。

 

コレステロールは、HDLとLDL共に体に不可欠なものです。適正なバランスが取れていれば健康体が長く保てます。

 

加えて、コレステロール値に合わせて、BMIも知っておくと生活習慣病対策に役立ちます。

 

BMIは肥満度の目安となり、身長(m)×身長(m)÷体重(kg)で求められ、標準は22です。

 

コレステロール値に注目しながら定期検診を受け、自分の数値に変化がないかどうか気を配るだけでも、生活習慣病などの予防に繋がるでしょう。